スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふ~助

蕎麦を食べたくなり同時にお酒も飲みたくて
駅から近い場所にある店を探していた時に
fuyutoさんのブログを見て瞬時に決定しました
地下鉄東山線に乗車して東山公園駅を出て徒歩数分で到着
ふ~助0142
蕎麦と一品物を二つ注文したから店主が気を利かせ
料理を出す順番を確認してくれました。


焼酎 そば湯割り。 500円
電車で来たので昼間から飲みます
そば湯のとろみと香りが加わり焼酎の味がマイルドに変化
コレは新感覚の癖になる味なので1杯では済まずお代わりしました
ツマミに昆布が付いて昼からご機嫌
ふ~助0115


うるい酢みそ和え。 400円
ネギみたいな食感だけど臭みが無くしっとりとした歯応え
白菜の浅漬けに近い爽やかな風味
酢は控えめで赤味噌と胡麻の豊かな風味が味わえる
ふ~助0122


旬菜の天ぷら。 800円
揚げたての荒熱を軽く冷ましてから出してくれます
衣はフワリと軟らかくサクサクした食感
油の重たさは一切無く軽い食感にガツンと素材の味わいがある
ふ~助0125

天ツユでは無く塩で頂きますが付ける塩は極少量にして
素材の旨味と香りを塩が引き立てる贅沢な味わい
ふ~助0123


焼酎に酔いながら天ぷらを食べ終えたタイミングで
店主から「そろそろ蕎麦をお出ししましょうか?」と一声掛けられ
厨房で忙しく調理をしながら客の動きも注意しているのでしょう
このベストなタイミングの問い掛けに茹で釜に入れた蕎麦を待ちながら
先に登場したのは薬味が三種
香りが立つ山葵にコクのある塩と細かく刻んだ新鮮なネギ
ふ~助0132


きしそば。 800円
きしめんのように太い蕎麦でプリッと弾力がありツルリとした喉越し
蕎麦の香りがとても良く口の中で広がる
ふ~助0136


ツユはカツオ出汁が効いて濃厚ながらも切れのある深い味
ふ~助0134

オススメされた味わい方で
蕎麦に塩を少し付けてツユには付けず頂くと
ふ~助0137
旨味と香りが一段強く感じる


ワサビで試しても蕎麦の香りが引き立ち旨い
ふ~助0138


蕎麦湯はトロ~リと濃厚です
ふ~助0139


蕎麦ツユに蕎麦湯を足してグイッと味わいながら飲む
ふ~助0140
旨いね!


綺麗な店内はテーブル席とカウンター席があり
カウンターの向かいが調理場になっていて
店主の仕事を眺めるのも楽しい。
頑固職人の蕎麦屋みたいに硬い雰囲気は無く
とてもリラックス出来る店内なので
気楽に暖簾をくぐり美味しい蕎麦と料理が味わえます。


ふ~助
名古屋市千種区唐山町 3-6 リアン東山 1F
Tel 052-782-2266
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:00
定休日 月曜日 (祝日の場合は翌日)
喫煙 不可
駐車場 7台分有(共同)


人気ブログランキングへ
banner_01.gif

↓FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは♪

ご紹介頂きありがとうございます♪

とっても豊かな時間を過ごされたようですね!

焼酎のそば湯割りは、
自宅では絶対に楽しめないので、
是非頂いてみたいと思いました。

そしてシメに口の中をそばの香りイッパイにして・・・
想像するだけで顔がほころんでしまいます。

私もシロウオさんのように、
す~助さんでお蕎麦を堪能してみたいです。

美味しい情報ありがとうございます☆

fuyutoさんへ

こんばんわ♪
fuyutoさんの情報のおかげで豊かな時間が過ごせました
ありがとうございます!
蕎麦の酒に酔いシメに蕎麦を味わい満足
焼酎のそば湯割りは絶品贅沢な味でしたが昼なので2杯で我慢
肌寒さの残る夜に行くと飲み過ぎてしまいそうで危険かも。
美味しい蕎麦と美味しい料理に酒が進みますが
駅から近く便利なので通ってしまいそうです。
プロフィール

シロウオ

Author:シロウオ
愛知のどこかに住んでいます。
食べる事と歩くのが好きなので
美味しい店を探しながら休日は
フラフラ散歩しています
美味しい!微妙?食べて思った事を書いていきます。
誤字脱字は気にしない。

ご意見等がありましたら
気楽にメールをお願いします
weirdaleatit〇nifmail.jp
お手数をお掛けしますが
〇を@に変換して下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。